病院長からのごあいさつ 

「ゆっくりした時間の中で穏やかな入院を」
いろいろな疾病や事故により、機能を失うのは一瞬ですが、その回復には長い時間を要します。
当院は療養型病床を運営しており、入院期間に制限はありません。
ゆっくりした時間の中で安心して穏やかに療養することができます。
その中で、失われた機能を一歩ずつ一歩ずつ回復することを、
また、残された機能をできるだけ維持することを目指しています。
たとえ回復が難しい場合でも、ご家族や患者さまの気持ちによりそい
患者さまの尊厳を守る緩和ケアを行います。
「すべては患者さまやご家族の笑顔のために」をモットーに職員一同頑張っています。

小板橋病院院長  渋谷 正徳

病院の沿革

 昭和61年         松戸市ではじめての老人専用病院(一般病床126床)
         として開業

 平成 9年          病床数120床に変更

 平成11年         療養病床114床に病床種別の変更

 平成21年         医療法人松和会 小板橋病院(療養病床114床)に改組  

(現在に至る)

病院の概要

耐火・耐震構造 (延面積 2,388.6㎡)

1F

外来、薬局、放射線撮影室、リハビリ室、浴室

2F

病棟  14病室/57病床

3F

病棟  14病室/57病床

4F

談話室、屋外庭園

外来

外来受付

待合

※外来診療時間についてはこちらから

病室

個 室

4床室

6床室

病院廊下

障子や壁紙にも気遣いした落ち着いた雰囲気の和風病室です。

個室・4床室・6床室の3タイプで構成されています。

リハビリテーション室

リハビリ室だけでなくベッドサイドでも積極的にリハビリを行っています。

リハビリ室全景

平行棒

談話室と屋外庭園

4Fの談話室の外側には屋外庭園があり、季節の花々が患者さまの目を楽しませてくれます。

談話室

屋外庭園

 

浴室

広々した浴室で寝たきりの方も安心してご利用できます。

浴室

浴槽